タバコが与える影響を歯科医院で教えてもらう

口臭が強くなったら歯科医に行くといいのか タバコが体に悪いことは吸っている人、吸っていない人誰でも知っているでしょう。吸っている人はそれをわかっていて気分が良くなるからと吸っているのです。ニコチンが入ってくることを好んだり、香りを楽しむ人もいます。単にスタイルに拘る人もいます。ただし今のところは体に良いと言われるものがありません。健康のことを考えるならやめたほうがいいのでしょう。吸う人だけでなくその周りの人にも影響を与えることがあるのです。

タバコは口から吸う事になります。となると口の中、歯などにはなにか影響をするのでしょか。歯科医院で聞くことにしました。タバコに含まれるニコチンが影響して末梢血管を収縮させると言われます。そうすると歯肉への酸素の供給量が減少します。歯肉は栄養不足の状態に陥り、せっかく歯磨きをしていても歯周病になりやすくなるのです。またタバコには一酸化炭素が含まれます。そのために歯肉の病気がある場合にそれを悪化させてしまうと言われます。

その他歯の美しさに影響をあたえるとも言われます。通常白い歯が煙草によって黄色に、やがてはもっと濃い色になってしまいます。タバコを吸っている人用の歯磨きがありますが、それらを使ってもなかなか白くすることはできません。


Copyright(c) 2022 口臭が強くなったら歯科医に行くといいのか All Rights Reserved.