歯科医で日本人の虫歯率について聞いて愕然とする

口臭が強くなったら歯科医に行くといいのか 子供の頃の虫歯率といえば100パーセントに近かったかもしれません。すべての人に聞いたわけではないですが、周りにいる人は全員虫歯を持っていました。それぐらい虫歯はポピュラーなものだったのです。歯科医に行ったときにとあることから日本人の虫歯率について知りました。なんと90パーセントの人が虫歯になっているとのことです。子どもであれば甘いモノを食べるので分かりますが、大人になればそれなりに減りますし歯磨きもするはずです。

ではそもそも虫歯とはどういったものでどのように出来ていくものなのかです。虫歯には必要な菌がありそれはミュータンス菌と呼ばれるものになります。なんと生まれた時にはこの菌はありません。これを口の中に入れなければいくら口の中を汚くしていても虫歯になることはありません。大人などが持っているミュータンス菌をもらうことで子どもも虫歯になっていくと言われます。歯垢にミュータンス菌が住み着き、それが酸を出して歯を溶かしていきます。

その時点ですでに虫歯なのですが、これだけでは痛みもありませんし見た目もわかりません。そのために放置してしまう事が多いのです。歯には再石灰化する力があるので虫歯で穴が開いたとしても埋められる事はあります。しかし放置するとどんどん大きくなります。


Copyright(c) 2022 口臭が強くなったら歯科医に行くといいのか All Rights Reserved.